池田史郎先生のお話が分かりやすいので

記事を探して紹介させていただいています。

以下転載
http://ameblo.jp/etsu-room/entry-11967473844.html

「現代医学に殺されたないための食と健康維持法」
カリスマ産婦人科医 池田史郎先生

青森で、開業医院されています。

淡々とお話されるのですが。
もう、おもしろすぎて!

「卵巣がんも、筋腫も、内膜症も、不妊も、すべて食品添加物と経皮毒が原因。
そこをお伝えしても、皆さん変えないんですね。
おかげさまで、私はどんどん儲けさせていただいております。」

・・・笑

そんな感じでスタート。

私のメモですが
箇条書きにしますね。
長いです~星
そして、私が咀嚼したものとなりますので
本当に池田先生がこの通りおっしゃってはないかも!!

卵巣がん、子宮がん、等、化学療法やるとリンパ球格段に下がる。免疫の司令塔がいなくなる。例外なく、再発して死ぬ。

(婦人科の)病気の原因は食品添加物と経皮毒

特にチョコレート(酸化防止剤)

お酒弱い人はさらに注意。添加物を分解する力も弱い。

経皮毒はシャンプー、リンス、ケミカルナプキン、タンポン、化粧品

チョコ食べていると、ポリープとってもすぐにまた出来る。食べないと正常内膜になっていく。一年くらいすれば、妊娠する。

筋腫も食べ物。でも、どれだけ変えても縮小のみ。なくならない。

ケミカルナプキンの繊維はどこから?が問題。再生紙。それを漂白している。化学薬品しこたま。皮膚から体内へ吸収されている。

検診にきて、無病の人にどんな生活しているか聞くと、添加物なし、乳製品なし、生成食品を調理している

江戸時代のDrは、自分の周りで病気が増えたら、恥ずかしくて夜逃げした。(患者さんが増える=病気を治していない)

医学部は健康の概念の勉強、一切なし。

病気は作られている。拡大、生産。資本主義。みんな健康になってしまっては困る。

健康の専門家=元気なお年寄り(×寝たきりのお年寄り)

化学調味料(アミノ酸、うまみ調味料、タンパク加水分解物、◯◯エキスなど)は一回食べるだけで、味覚の崩壊が起きる。で、やめられなくなる。

これら食べていると、空気の読めない性格になっていく。

防腐剤の安息香酸が加齢臭の原因

日本は1500種類の添加物が承認されている。アメリカでさえ、133種類。
添加物のほとんどは中国産。取り締まりのルールがないので中身不明。

グルタミン酸ナトリウムは、脳に直接入っていく。乳幼児NO。喘息の人もNO。

乳製品と乳がん、精巣悪性腫瘍、前立腺がんの相関性は明らか。

チョコだけに限らず、赤道あたりで取れた物はその時に乾燥させている(=酸化防止剤使用せざる得ない)これが女性ホルモン様作用の物質。パーム油、カカオ、ココナッツオイルも

女性ホルモン様作用をもつ添加物=グルタミン酸ナトリウム、酸化防止剤、発色剤、着色剤、など

現代医学は病気を遺伝子やストレスが原因として、本質から目を背けさせている。

オーリングでテスト

医師から言われた治療法が嫌なら、「嫌です!」とはっきり目を見て言う!

転載終了

私がこのような話をしても、なかなか患者さんには聞き入れてはもらえません(^^;

でも、これが病気の真相です。

主に婦人科系疾患について、触れられていますが

腰痛や肩こりをはじめ、すべての病気や不調に共通します。

食べ物が原因です。

なので、不調や病気は自分のせい。

変えなきゃ治りません。

出来るところから、変えましょう!