塩まくらは頭寒足熱を実現する!

東洋医学には「頭寒足熱」という言葉があります。

これは頭を冷やして足先を暖めると

健康状態が良くなるということです。

塩まくらを使って眠ると

まさにこの「頭寒足熱」が実現できるのです。

頭寒足熱の状態では、頭のうっ血状態が解消され

血圧が正常になります。

したがって、頭痛や不眠症などの症状も

次第に改善されていきます。

また、血圧が正常になることで

脳細胞が活性化しますので

老化や認知症を防ぐ効果も期待できます。

塩まくらのマイナスイオン効果

塩はマイナスイオンを発生します。

マイナスイオンは精神を安定させ

リラックスした状態に導いてくれます。

塩まくらを使えば、塩のマイナスイオン効果によって

グッスリと眠れますので、不眠症の方にはオススメです。

いい塩は「波動」も素晴らしい

マイナスイオン発生に加え、波動値もすばらしいようです。

波動値とは・・・-21~+21の42段階で評価されます。

最高が+21、最低でもプラス側の塩を選びましょう。

波動値は「生命エネルギー」とも言われ数値の高い塩を食べると、病が改善されるそうです。

塩といえど、種類でこれだけ波動が違います↓

公社食塩  食塩A  食塩B  海藻塩  食塩C     食塩D
免疫    0    +3   +6      +8   +21
ストレス  0    +2   +5      +10  +21
抑うつ   0    +2   +6      +7   +21
ガン    ー    ー    ー       ー    +21
アトピー  ー    ー    ー       ー    +20
肝臓    ―    ―    ―       ―    +18
高血圧   -3   +1   +2     +4   +20
腎臓    -3    0   +3      +3   +20
殺菌    +2    0   +5     +21   ―
超短波   +1   +2   +20    ―     ―
恨み    ー1    0   +6      +6   +21
妄念    -1    0   +4      +6   +21
深い悲しみ -1    0   +4     +6   +21

食塩Dは「皇帝塩」です↓

みさき整体院でも皇帝塩は販売しています。当院では1kg1800円

塩枕もいろいろありますが、皇帝塩1キロを普段の枕の上に置き、タオルを掛ければそのまま使えます。

塩まくらの効果的な使い方

塩まくらは首に当てて使うのが効果的です。

首は頭と体を繋ぐ重要な部位であり

そこには太い頸動脈があります。

ここに塩まくらを当てることによって

血行が良くなり、頭も体も代謝が良くなります。

塩まくらには色々な製品がありますが

たいていのものはサイズが小ぶりです。

そのまま単体で使える場合もありますが

高さや柔らかさなどがイマイチな場合は

普通のまくらの上に載せて使ってもOKです。

製品によっては、塩まくらを入れる

ポケットの付いたまくらもあります。